Blog

Blog続・庸至子のツブヤキ。> 庸至子のつぶやきその143?✨

続・庸至子のツブヤキ。

庸至子のつぶやきその143?✨

少し肌寒い金曜週末の夜、
みなさまいかがお過ごしですか?

そう、まだすこし寒い…

超絶寒がりのふじさわは
夏でも上下のインナー、
靴下重ね履き必須
であります。

そんな今日この頃、念願の
【裸婦デッサン】
の先生にようやく出逢うことができ、(1年くらいずーーっと待ち望んでいた)
デッサンレッスンを受け始めているわけなのですが…

そうです。

【裸婦】

ですので、
モデルさんは当然、
完璧に裸です。

20代〜30代の毎回個性の異なる女性を
描かせていただきながら…

モデルさんは2時間半の間、
休憩以外は微動だにせず
2台のストーブがカンカンと裸体を囲み。

『派遣なのかな〜、バイトなのかな〜』
なんて余計な邪念ありまくりの
全く落ち着きのないふじさわの傍ら、

周りの受講生は
平日の昼間のレッスンであるからして
当然、60代以上の紳士とマダムばかり。

彼らの真剣な眼差しに対しても
いささかの邪念(ふじさわの勝手な)を妄想しつつ…
(完全に隣人の観察が面白い。)

…楽しいです。

『絵を描く』
ということを通して、
様々な人間模様や感情や
価値観のあり方があり…

ふじさわにとって絵画は
【表現する】
ということであっても、

他の誰かは、
『感じる、観る、学ぶ、暇をつぶす、友達に会える…』
まさかの、
『絵を描きに来ているつもりもない』
とか…

【裸婦に集中して描きあげてゆく】
という共通した環境の中、

人は見事に様々で…
実にわがままで、
真に楽しく優雅で
居たい場所に、身を置いているんだな。

どこの世界でも。。

【デッサン力は観察力】
と先生はおっしゃられておりました。

よーーーく、
理解できます。
とってーーーも、
理解できます。

しかし
ふじさわ、
そんな邪念と
楽しい、よそ見。
の空間に出逢いましたよ。

さて、今月もつぶやきました⭐︎

♦︎5月のスケジュール出ております♦︎
http://karman.tokyo/reservationandschedule/
GWは通常通り営業いたしますよ⭐︎

新緑の美しいこの時期、
サロンの植物も次々と芽吹いております⭐︎
いい日々にしましょう⭐︎

では⭐︎

梵〜karman〜ふじさわよしこ

Pocket

    

Category

Archive

Page top