Blog

Blog庸至子の世界> フロムと語る愛の💟通勤読書は…❓📚🚃✨

庸至子の世界

フロムと語る愛の💟通勤読書は…❓📚🚃✨

みなさまこんにちは☆

通勤読書📚⭐︎
ふじさわは通勤の電車🚃の中は本📚を読んでいる事が多いですよ🌟
今回の📚は…👀
なかなかのものでした…👀⭐︎

こちら(・ω・)ノ⭐︎

image1

というタイトルでも👀
恋愛本や、愛の教科書でもございません(・Д・)ノ⭐︎
(そのつもりで読まれると一ページ目から場外に打ち放たれますヨ( ̄▽ ̄)💙)

出だしから…
ルーミーの散文…🌌

FullSizeRender-3
…ふじさわは常日頃、どんな人間関係においても思っていることがあります…✨💟

『自然界において、
元々一つであったものがこの世に在る時、それは2極性を持つ。
【地は乾くから天は雨を降らせる】ように、与えることと、受けとることが、
共存であり、自然界の依存間であり、
バランスである。
自然界においても、
また、人間においても、
そのバランスの最大条件は、
【同等の価値である】こと。
互いに自立し、相手にしかないものをそのまま眺め、見つめ、尊敬し、必要としあえる…
うまく言葉で表現できないけれど…
真の愛ある関わりには、
【品格ある距離感】が自然に保たれるのだ。。』

とおもっているのです。
(完全にふじさわの思考なので間違っているかもしれませんが…👀)

そして…👀🌌
さらに痺れる💙ページへ…🌌

FullSizeRender-2

…ふじさわが真だと感じるの愛の世界観に…👀✨
🌌【空即是色】(くうそくぜしき)
※(色即是空(しきそくぜくう)と、もともとは言います。空即是色は、般若はんにゃ心経の語。)

であるということが…感じられる文…

いいですねぇ。💙

💫【空即是色】は…🌠
ふじさわが中学生だった頃、
義務教育の雑多さ、腑に落ちない大人達のモノサシに辟易とし、
全てが闇で、社会に失望し、
それでも立ち向かえない自分の幼さへのジレンマで、
発狂し暴力的に爆発するしかなかった日々の中…
…黙ってそんなふじさわを見つめていた母が、
中坊の私に贈ってくれた言葉でした。🌠

その後の様々な感情と経験で、理解と確認が有り、
…今…🌠この言葉が、胸に染み渡るようになりましたよ。。

さらに…
続きます…👀

image4

FullSizeRender

そしてフロムは最後にしめます…

FullSizeRender-1

なかなかの…👀⭐︎
本でしたよ。。

また10年後位、自分の経験や感情を経た頃、もう一度読んでみたい本でした✨

この本は梵〜karman〜に置いてあります。
また、素敵な本、ご紹介させていただきますね。。✨

では✨

ふじさわ

Pocket

    

Category

Archive

Page top