Blog

Blog庸至子の世界> 人間の本能🌌バルビエ氏のエレガンス✨

庸至子の世界

人間の本能🌌バルビエ氏のエレガンス✨

みなさまこんにちは☆

このところの通勤読書📚⭐︎は👀こちらと…
じぃぃぃぃぃぃーーーーー( ̄ー ̄ )☆
にらめっこでした⭐︎

ふじさわの感じる、エレガンスの最高峰⭐︎

ジョルジュ バルビエ (George Barbier)
1920年代、アールデコ様式のイラストレーションです✨✨

image1-1

こちら痺れます💜
image2-1

↓こちらは、
【後悔】というサブタイトル。
いやよ、いやよと硬く鎖した膝の女は
『そうか、ごめんよ』と立ち去る男の背に、激しく後悔の念を持つ
というストーリー…🌌
吐息が聴こえてくるよう…💜

image3

トランスセクシュアルが色濃いバルビエ氏の世界は…🌌
卑猥さの微塵も感じさせない
どこか中性的なセクシャリティ…✨✨✨

image4

この画はふじさわの好きな画

image5

人間の
自然な本能が

究極のエレガンスで表現されていると感じます…✨✨✨

エレガンス過ぎる…
エレガンス。

人間のココロの底の底には…🌌
ハダカを脱いだハダカには…🌌

なんと愛すべき
本能が在ることか。

ふじさわは
その本能を見るために
人々と出逢い、家族と出逢い、向き合っているのかもしれないと感じています。🌌

究極のエレガンス✨
本能の本質には、
道徳は不要である とも、思っています。

そのままで
全ての人間が正解で
愛により
呼吸ができていると

感じる今日のふじさわであります。

もはやこの文章、
不明ですね🌌✨✨✨

限りなく深く、嫋やかな大海を胸に。
愛を見出そう。

幸せだ。

では✨

ふじさわ

Pocket

    

Category

Archive

Page top