Blog

Blog庸至子の世界> リアリスト?Chagall

庸至子の世界

リアリスト?Chagall

みなさまこんにちは☆

間に合いました☀️

こちら?
2AD5E883-CAC2-4C65-9F50-30989917109D

東京ステーションギャラリーにて☀️
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201709_chagall.html

今回のシャガール展は
絶対に行きたかったのです❣️

なんと?

彫刻?
絵付けされた陶器?
版画…

それらの習作(下絵のデッサン)まで
多数、日本にきているのです❣️

そして…?
もちろんこれらの作品も
わんさかと来ておりましたよ?

何度観てもため息がでます…?

93918A81-12E3-4732-A191-2AEBF827C4E1

やはり??

シャガールの絵画は…

愛する妻ベラとの作品が…
素晴らしい。。
C677B3C7-B2FE-4393-B5A9-2C86213B2AE8

彼の絵画は
キュビズムの影響を大きく受けながらも、その描写に負けない
彼独特の
夢想的✨で
ファンタスティック?
な世界。

でも、その中に感じる
【訴えてくる強さ】
は、何なのだろう…?

と、藤澤は感じていました。

それが、この展覧会で、
そうかあ。。
と、わかったのです。

シャガールの絵画は
全て、
経験や現実に起こること、感じることから連想されていると。✨

イメージの世界だけではない、

シャガールの生きた
時代背景?
望んだこと?
沸き起こる感情…?

これが表現されているから✨

強い
のか。。

彼は、
【リアリスト】
と呼ばれていたと

今日、知ったのです✨

では✨

藤澤

Pocket

    

Category

Archive

Page top