Blog

Blog庸至子の世界> 日本の音楽界に思ふ。

庸至子の世界

日本の音楽界に思ふ。

みなさまこんにちは☆

高校生の👀✨
天才。

吉見 友貴さん🎹🌟


先日、ついに吉見さん🎹🌟の
生演奏🎹を体感してまいりました✨

🎹🌟🎹🌟🎹🌟🎹🌟🎹🌟🎹

吉見友貴さん🎹🌟とは👀

学生生活のなかでも数々の賞を受賞し、
昨年、
日本音楽コンクール🇯🇵
(このコンクールは、年長者までもが毎年、鎬を削る戦いとなる音楽コンクールで、
優勝なんてしたら、一生涯
音楽家としてのレールを約束される👀❣️
と言われるほどの、
天皇杯のようなコンクールです。)

を❣️
まさか!!!

名だたる人々を差し置いて、
優勝🏆🏆🏆
してしまった、
天才高校生なのです。

いやあ、この時の演奏は、
始めのワンフレーズで
【これ、とった(優勝)な…】
とわかるほどに❣️

撃ち抜くような
圧倒的な表現の演奏でした。。

🎹🌟🎹🌟🎹🌟🎹🌟🎹🌟🎹

そして、

ぜひ

生演奏を💜
とおもい、

チケットを入手。

まだ、CDリリースもしていない、
まだ、小さな地方公演などをまわる…🌌

そう…👀💜

【今しか聴けない音🌟】

なのです。

今回は

表参道KAWAIビルの
小さな会場です。

そして…💜

曲目は✨
こちら

2時間、

吉見さんは素晴らしい技巧を
見事に披露してくださいました✨

音源がないので、
ここで曲について語るのは
いたしませんが…👀

今回の【ブラームス】
は、とくに素晴らしかったのです。

✨✨✨

何が素晴らしいか。

何が凄いか。

これは、
楽曲をどのように

【解釈】🌟
し、
【表現するのか】🌟

という点においてだと私はおもうのです。

日本の実力者の多くに、
【技巧】を完璧に弾き、
そのストイックなまでの強く激しい感情が
全面に出るのを多く感じます。

しかし、それは私の胸を打つことはなく、

技巧、テクニックではなくて…🌌

何を表現するつもりなのか??🌟🌟🌟

が、音となり、波動となり、伝わり、
胸に衝撃を与えるものだと感じます。

吉見さん🎹🌟のすごいところは…

テクニックは天才的にすごいのですが、
そこにエゴを感じさせない、
柔らかさがあるのです。

よくよく聴いていると…👀

【右手の突き破る音】
【左手の包み込む、受け止める音】

が、
交互しているのだと、
わかりました。

そして👀
ブラームスの演奏、解釈の素晴らしさは、
とても高校生の解釈とは思えない🌟
もので…

その他、
ショパンやリストに関しては、
テクニックは一流です。
ここに、今後、更なる解釈ができてくると…🌌

これは…将来凄いことになるぞ…🌠

と、思わずにはいられないのです。。

【今しか聴けない音】

は、

【今の吉見さん🎹🌟】

であり、

この先、

まだまだ見応えのある💜

伸びしろが十二分にある
才気溢れる高校生である🌟
と…

私は感動が止まりませんでした。

個人的には…
吉見さん🎹🌟に…
海外で学んでほしいな…
って感じてしまいました。

【この楽曲を、どう表現したいのか?】

が、最も重要視されるのは、

日本の音楽界ではないからなのです。。

では✨

藤澤

Pocket

    

Category

Archive

Page top