Blog

Blog > 庸至子の世界> 芥川氏🎩の最期🌌

庸至子の世界

芥川氏🎩の最期🌌

みなさまこんにちは☆

25年ぶり位に🌌✨

年末からずっと読みかえしておりました✨📕

こちら👀


【芥川龍之介🎩】氏の
後期の作品集です。

芥川氏の究極の本質が
痛いほどに現れる、
これらの作品。

すべて、彼が
精神を病んでから
書かれたものであります。

読むのは2度目なのですが、
25年前と変わらず、
私の胸にくる作品は変わらず、
これらでござました

↓
↓

『河童』
まさに、自分に対して描いたものであろう戯画。

読んでいてわかりますが、
芥川氏🎩の知性と理想と排他的精神がアンバランスになりながらも、
よくここまで書き上げたものだと、感じます。

河童の世界からよじ登ることさえ、
芥川氏自身が、
地獄であったろうと…
凄まじい心理で描いたものであろうな…
と思います。

『歯車』
不確かで不安と夢想を迷走する
芥川氏🎩の心の揺らぎや淀みが

無秩序に乱列されながら
物語は進みます…🌌

ラストの1節には…
彼がもう自死を決意していることが
よくわかるものがあります。

『或阿呆の一生』

芥川氏🎩のこれまでの人生を書き綴った書。

死を決意し、旧友にこれを託すつもりで描いたもので、

これは、

次の、最期の遺書に続くのです。

↓
↓

『或旧友へ送る手記』

ここに出てくる、
芥川氏🎩の自死の理由に

【ぼんやりとした不安】

というフレーズがでてくるのです。

この言葉は、

始めて読んだ時の
中学生のわたしには
この言葉の意味が解らなかったように思います。

しかし今は…🌌

『不安』は、私には無い。

けれど、

【ぼんやりとした】

という言葉の意味が、

今、言葉にしようとも思わないほど、

深く、
深く、

解るようになっておりました✨

では✨

藤澤

Pocket

    

Category

Archive

Page top