Blog

Blog庸至子の世界> 変化からの🌌無我の美しさ✨

庸至子の世界

変化からの🌌無我の美しさ✨

つづきです✨

会場に入り、
ついにイブラギモヴァ🎀女史
登場です✨

現在、33歳になった彼女の
表現力は
どのように成熟されているのでしょう…🌌

ブラームス🎩
ヴァイオリン ソナタ第1番 第一楽章…✨

【雨の歌】との別称もある、
緩やかに、伸びやかなはじまりの
この曲✨

始まって…2フレーズあたりで…

すでに

すでに(T ^ T)

私、泣きそうです。

なんて伸びやかな…✨
なんと奥行きのある…✨

美しい✨✨✨
という言葉しか出てこないほどの…

この上ない
美しすぎる音🎻なのです…(T ^ T)

『こんなにも、表現力があがるものなのか…
こんなにも、豊かな音になるものなのか…』

イブラギモヴァの、
豊かな
喜び溢れる一音一音の美しさに…✨

胸がいっぱいです(T ^ T)

✨✨✨

そして美しい緩急のある第2番✨

叙情的で憂鬱なメロディで、
緊張感のある非常に難しい第3番…✨

後半にいくほど、
イブラギモヴァの音の奥行きや
透明度は高くなります✨✨✨

昔の若かりし頃の
情熱的で、突き抜ける音の表現、
聴く者の五感を刺激する音🎻

そして今、

観客を包み、空に抜けて行くような
無我の美しさ✨
伸びやかで純度の高い一音一音。

…驚きました。

ここまで変化するとは。

【バッハ】5年前のイブラギモヴァ

胸がいっぱいすぎて…

アンコールも鳴り止みません👏

そして👀💝

アンコールの、

この1曲のチョイスが凄すぎたのです…

つづく✨

Pocket

    

Category

Archive

Page top