Blog

Blog > 庸至子の世界> ある晩🌃の憂國の衝撃♦️♦️♦️

庸至子の世界

ある晩🌃の憂國の衝撃♦️♦️♦️

二.二.六事件
3部作の中の短編小説、

三島由紀夫
【憂國】

久しぶりに連夜🌃
読んでいたのですが、

この短編小説は📚
実は映画にもなっているのです。

右が三島本人出演でもあります。

これを…🚨👀
4〜5年前の大晦日🎍の夜に
一人で観ていたのですが…

しょ、、、
正月に観るものではございません…💦( ̄◇ ̄;)

♦️♦️♦️

無声映画で
台詞は書体です。

30分の短編映画。

三島氏がこの映画を制作した時、

『凄いものができてしまった‼️』

と、
本人も周りにも、
相当な衝撃を与えたといいます。

11月25日は
三島由紀夫自決の日♦️

あの日の自決に向かって…

三島氏は

自衛隊に入隊したり、

肉体美にこだわり、
(当日、美輪明宏さんに、軟弱だと揶揄されてから
猛烈にボクシングに勤しんでいる)

自ら設立した
【楯の会】を率いり…

市ヶ谷自衛隊駐屯地に立つわけです。

三島由紀夫(左)
と
森田必勝(右)

(森田氏は楯の会にて最期まで三島に命を預けた男。
三島氏の最期の介錯をした後、本人も切腹)
※詳しく云うと、森田氏は介錯を2度振り下ろしても切れず、古賀氏(だった気がする…)に託した。
そのため、三島氏の切腹の後、首の3回以上の介錯により、
立て篭もった室内は
血の海♦️となったとのこと…

※実は市ヶ谷自衛隊駐屯地、
その演説した建物、
立て篭もった総監室は
現在でも、場所を変えて一部、残っています。

部屋の扉には
日本刀の傷跡ものこっているのです。

♦️♦️♦️

このことに向かう三島氏の頭の中には

この【憂國】の切腹シーンは

三島氏のイメージどおりの
リハーサルのようだと
思ってしまうのです。

映画映像と同じく、

現実の11/25の時にも、
三島の腹からは
小腸が50センチ以上飛び出していたといいます。

…かなりの覚悟をもって
躊躇うことなく切腹した跡であったというのです。

♦️♦️♦️

私がこの映画を観た時には
DVDで購入だったのですが、

昨夜、探しましたら…
YouTube
で30分全編あがっておりました…

切腹シーンが🧨🧨🧨
あまりにリアル過ぎて
震え上がる😱😱😱ので、

あえてここには貼り付けませんが、

この小説をお読みになられても、
または、
映画を観てしまうのも…

【憂國】
三島の世界のある一片に
触れることができるのではと思います✨

💎💎💎

本日は、三島氏の、右翼的怖い姿をクローズアップしておりますが、

三島氏の文学はまさに天才💎

彼の思考、文章には
日本の知性💎品格💎情緒💎
抜群の教養💎
に溢れた

日本の最高峰の文学であると
私は惹かれてならないのです✨

生きていてくれたら…✨

藤澤✨

Pocket

    

Category

Archive

Page top